赤い羽根共同募金

小茂根福祉園では毎年、社会貢献活動の一環として赤い羽根の募金活動に参加しています。9回目となる今年も10月上旬の2日間、JR池袋駅北改札前で街頭募金を行ってきました。

 

1日目の様子

 

2日目の様子

 

大きな声で募金を呼びかける人、募金をしてくれた方に握手を求める人など、写真ではなかなか上手くお伝えすることが難しいのですが、利用者さん個々のキラりと光る場面がいくつも見えました

 

2日間とも午前中の短い時間での募金活動ではありましたが、老若男女いろいろな方からのご協力により、昨年を上回る14,044円もの金額が集まりました。ホントに感謝です・・・

 

ご協力頂いた皆さま、

ありがとうございました!

 

 

 


コモネスト商品「刺繍ポーチ」

みなさんこんにちは。

日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。

 

本日は、コモネスト商品のご紹介です。

現在、コモネストでは色々な「一点もの」、「ハンドメイド」の商品がありますが、その先駆けとなる「刺繍ポーチ」が出来たきっかけや作業風景など裏側をお話ししたいと思います。

 

刺繍ポーチは、2年前の2017年に生まれました。

同じタイミングでエプロンのリニューアルもありました。

 

 

エプロンのポケット、ポーチ、サブバック…使い道はそれぞれです。

エプロンも刺繡ポーチも一点もの。

それぞれをカスタマイズ出来るところもこの商品の魅力です。

 

 

もともと刺繍作業では、ランチョンマットやコースターを主に製作していました。

受託作業が少ない時は、刺繍を行うことも多く、たくさんの作品が生まれていきました。

ランチョンマットやコースター以外にも作品を活かせる商品はないか?との思いから生まれた商品がこの「刺繡ポーチ」です。

自家焙煎している296コーヒーの麻袋を再利用し、小茂根福祉園らしさも出ています。

 

 

作業風景は…

皆さん、好きな糸を選び、好きなように縫っています。

 

こんなに特徴的な玉結びも…

このように利用者さんが作製した刺繍素材をもとに、一つ一つの素材に合う裏生地の色、模様を考え、ハンドメイドで加工を施しています。

 

お客様からも「個性的で素敵」と有難い意見を多く頂きます。

数年前のコモネストギャラリーでは、連日親子で足を運んでくださった方がいらっしゃいました。お母様が刺繍ポーチを購入されましたが、娘さんがえらく気に入り、ずっと使ってくださっているとのことでした。

刺繍ポーチを作った利用者さんにこのことをお話しすると、とても喜ばれ、それ以降、刺繍ポーチを作ることが目標になり、一層精を出されています。

このように利用者さんの感性が発揮された商品を評価され、ご本人の喜びややりがいに繋がることは職員としても大変嬉しいことです。

 

今後もブログで商品紹介をしていきますので、お楽しみに!

 

 

商品が少しでも気になった方はぜひ園やイベントへ足をお運びください。

お待ちしております。

 

 


板橋区障がい者スポーツ大会

9月28日() 小豆沢公園野球場で「板橋区障がい者スポーツ大会」が開催されました。

 

ここ数年良い天気に恵まれていませんでしたが、今年は朝から良い天気に恵まれ、皆さん笑顔で参加されていました。

 

パン食い競争やダンス、最後の大玉転がしまでとても盛り上がっていました。

皆さんお疲れさまでした!



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

others