こもねまつり 2019 お知らせ

 

皆さん、こんにちは。

小茂根福祉園の秋イベント「こもねまつり」が週末に迫ってまいりました!今回は、園内の装飾についてご紹介をしたいと思います。

 

今回のテーマは「美術館」です。

普通の画用紙ではない「キャンバス」という紙のボードを使用し、絵の具やクレヨン、マジックで思い思いのイラストを描き上げています。お一人おひとりテーマを考えられ、タイトルも付いた絵を飾ると美術館さながら!素晴らしいです!園内を鮮やかかつ、パワーのある利用者さんの絵は必見です。

 

皆様のご来園を心よりお待ちしております。


こもねまつり 2019 お知らせ

  皆様、こんにちは。

来月11月9日()に今年もこもねまつりが開催されます。

今回のテーマは「focusしよう〜komonest」です。komonest(コモネスト=小茂根+ネスト『巣』)とは、今年度10周年を迎える、本園が企画・製造している商品ブランド名です。障害のある方々の『巣立ち』(自立)を願ってつけたものです。

祭りを通してkomonestというムーブメントにfocus(注目)して欲しい、こちらからも発信していきたい、というメッセージが込められています。

生活介護、就労支援B型の利用者の皆様の出し物を始め、たくさんの飲食店販売、アトラクション、etc…を予定しております。

こもねまつりについての準備や詳細をこちらのブログで都度、お知らせいたしますので、小茂根福祉園・こもねまつりを知っている方も知らない方にも情報をお伝えできればと思います。

 

それでは、次回の更新をお楽しみに!!


権利擁護に関する研修会を行いました。

 小茂根福祉園では先日、権利擁護に関する「研修会」を職員間で実施しました。

 

日々福祉園を利用している皆さんに対して、どのような接し方が大切であるか。

それは我々職員が常に考え取り組んでいくこととしてあげられます。

 

そのなかで今回は、「言葉遣い」について焦点をあてています。テーマは「丁寧な言葉遣い」「フランクな言葉遣い」それぞれの良い点、良くない点についてです。

 

研修会では職員が複数のグループに分かれ、意見交換を行いました。

 

丁寧な言葉遣いについて

 相手を尊重する為に大切である。社会人としてのマナーとして必要である。場面によって緊張、堅苦しい印象になってしまうこともある。

 

フランクな言葉遣いについて

親しみやすさや温かい印象がある。話しやすさが生まれる。人によって気分を損ねてしまうこともある。印象がよくない場面もある。

 

当日、様々な意見があがりました。意見交換を行い、「どのような言葉遣いを行うことがよいか」について共有し、職員一人ひとりが改めて考え見直す良い機会となりました。

 

「言葉」の使い方は、話す場面、話す人により様々であると思います。

その点を意識しながら、今後も小茂根福祉園を利用される皆さんに「心地よい場(空間)と質の良いサービス」を提供していければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

others