内部研修会

 小茂根福祉園では先日、今年度2回目の権利擁護に関する研修会を実施しました。

前回のテーマは「言葉遣いについて」。そして今回は「グレーと思われる支援について」でした。

 

内容は利用者さんへの声掛けや配慮、出来るだけご本人に取り組んでもらうために必要な支援、不適切と思われる行為があった時の支援者側の対応など、事前に各グループで決めた具体的な事例をグループ間で話し合いました。

 

 

限られた時間ではありましたが、当日は様々な意見が出ていました。それぞれのグループで望ましいと思われる対応を確認することはもちろんですが、各職員が何を感じ、どのような対応が望ましいかを職員間で導き出すその過程(話し合い)も大切だと改めて感じました。

 

今の対応が良かったのか(正しかったのか)を常に立ち返る意識とそれを日頃から職員間で相談し合える機会が今後更に増えていくきっかけになればと思います。

 

相手の立場に立った支援を心掛けていけるよう、引き続き園全体で取り組んでいきます。


カレンダーアート展 開催中

 今年の(2020)KOMONESTカレンダーに使われたイラストの原画が現在、小茂根図書館さんで飾られているのはご存知でしょうか?

 

今回、小茂根図書館さんのご厚意で正面口横のスペースに『カレンダーアート展』として、今年のカレンダーを彩ったイラストたちが紹介されています。

 

 

すごく良い感じの展示スペースになっていて、作者であるご本人たちも嬉しそうな表情をされていたのがとても印象的でした。

また良い刺激をもらったようですね…

 

 

展示期間は21()215()までの2週間だそうです。

原画とカレンダーの見本が一緒に掲示されていますので、良かったら足を運んで見比べてみてください!


みんなのエプロンのご紹介

今回のKOMONEST商品は、“みんなのエプロン”をご紹介します。

    

※写真は商品の一部です。

 

 

“みんなの”とネーミングが付いている通り、園全体で作っている商品の一つです。

296珈琲の販売に併せて、キッチンアイテムとして使用できるものを…という所から商品作りが始まりました。

 

他の商品紹介でもお伝えしていますが、小茂根福祉園の利用者さんは絵を描くことや刺繍が好きな方が多いです。このエプロンも、「たくさんの利用者さんがペイントに関われる!」「(利用者さんにとって)縫製が簡単!」…といった、利用者さんの良さが詰まった商品となっています。

 

この商品の一番のおすすめポイントは、何といっても「世界に一つしかない、一点もの!」という所です。

 

利用者さんが自由に描き出す、色、模様、力強さ、線のかすれや色の重なり具合…、これらはその時にしか出すことが出来ません。つまりは、同じものは二度と作れないということ。どのエプロンにも色々な表情が溢れています。ぜひ、お気に入りの一枚を見つけて下さい!

 

また、商品はこちらの箱に入れてお届けしています。

 

 

お客様からも、「素敵ですね!」と温かいお言葉を頂いています。

こちらも併せて、お楽しみ下さい。

 

みんなのエプロン ¥5,000(税込み)

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

others